本間さんとの出会い

2週間分くらいレポートもたまっている😅
1日ずつ振り返ろう。
2021年2月15日月曜日
当団体の1月の沼津ゴミ拾いでがご縁が繋がった富士で活動されている本間せいじさんと藤田さんに理事長佐野正くんと一緒にお会いしてきました♫ノーボーダーズの活動理念、活動目的、これからの活動計画など思っていることを全てお話ししてきました!
色々とお話しを真剣に聞いていただき、それに対しての本間さんの想いや考えをはっきりと自分にお話していただきました😊なんと本間さんは10年間のノーボーダーズの活動、これからのノーボーダーズの活動、しょうちゃんの想いに共感して下さり、運営面、プライベートも含め、応援してくださることになったのです。ありがとうございますm(__)m

自分と本間さんとのつながるまでの経緯を振り返るとFacebookで赤澤佳子さんのsasaeruFujiことはじめのノーボーダーズの紹介の投稿→本間さんのリアクション→友達申請→ゴミ拾い誘う→沼津ゴミ拾いではじめてお話しする→zoomで6時半話す。本間さんの過去現在を深掘りし詳しく教えてもらう。ノーボーダーズのこと、自分の話も深く話す。本間さんの経験から色んなアドバイスをいただき、かつノーボーダーズの全面的応援を言葉にしていただき、即行動に出してくれてる。
そんな現在の本間せいじさんは富士山グローカルフェスの代表、富士市のコーディネーター2つの顔を持ち、静岡県からもお願いされ、授産品(ふじのくに副産品)として障害者(括りはしたくないのですが、色んな方に想いを伝えやすいということでご承知おきください。括りをなくしたいというのが代表の想いです。)の方が作ったものを一つの価値あるものとして、みんなに触れてもらいたい。そんな想いを実際に形にして、授産品をつくる障害者の皆様の応援、授産品に関わっている皆様の雇用の面も考えて、人のために誰よりも動いている本間さん。富士での授産品を置いてもらうお店に直接お願いするための100店舗以上の企業周り、静岡県、富士市、企業の代表との打ち合わせ、色んな方の居場所作り、雇用の面、社会貢献も踏まえてのカフェの経営まで、期日迫るイベントも含め、毎日奔走しています!
実際に思ったことは口ではなく行動で実際に前に進んでいる。
過去の経歴を聞いたら、すごく面白かったし、聞いても飽きなかった。
本人さんの人生に少し触れさせてもらったら、今までの経験もすごいし、お話し会にゲストで出てもらいたいなと思ったほど😊
ボクシングのことやマラソンのことや音楽の先生や福島原発の話、イオンのお話し、ぐろーかるフェスの話。
印象に残ってるのは本間さんは自分のどの分野での活動も好きなことも全部60%くらいて言ってたこと。自分を下に見てるというか謙虚というか本間さんの嘘偽りない言動とかに、自分はこの人なら信用できるなて、思った😊
毎日寝る時間も削って、人のために動いてる本間さん。本間さんいわく前は人のために動くという考えて方ではなかったらしく、1人の女の子との出会いで、本間さんは180度考え方が変わったらしい。
本間さんの話しも語り出すと語りき切れないくらい本間さんのことが大好きだ♡大好きな人、リスペクトできる人はこれでもかって言うくらいたくさんいるけど、本間さんと仲良くさせてもらって、やっぱり思うのは、行動出さずして、何も始まらない。何をするのか明確になったら、そのための必要なプロセスで必要なことを一つ一つ丁寧に形にして行動していく。応援者は何人いたって良いと思う。
ただ、自分もできること人のためにと思わず自分のためにすることがわくわく楽しくできること😊それが人のために繋がったら最高ですね😊

何にしても行動あるのみです😊写真は沼津ゴミ拾いの時の写真です😊

富士山グローカルフェスYouTubeチャンネル
https://youtube.com/channel/UC5nuHoqyewtnvRml6hKspvg

NPO法人#社会人サークル#noborders#静岡県#富士市#富士宮市#沼津市#三島市#静岡市#中部#東部#SDGs#ゴミ拾い#まちづくり#交流企画#交流会#市民活動#三密を避けよう#地球貢献#アウトドア#インドア #ファミリー#ボランティア#シトラスリボン#AVS #ちょいボラAVS#地域跨ぎ#ボランティアスタッフ#心の応援隊#夢を開こう

@syoichi_k
@noborders2010

最新イベント情報

イベントレポート

Facebook